おしゃれな港町に住む
    
    

待機児童0まであと一歩!灘区

おしゃれな港町に住む
おしゃれな港町に住む
    
            

2016年に新しく開業したJR摩耶駅のおかげで交通アクセスがさらによくなった灘区について詳しくみていきましょう。灘区も東灘区同様、震災後の復興に伴って住宅街が新しく建設され、その後人口は増加しています。

交通の利便性がアップした灘区

2016年3月にJR灘区と六甲道の間に新しく摩耶駅が開業しました。これにより、神戸の商業地区である三宮や大阪の梅田へのアクセスがぐっと良くなりました。人口も増加し、2015年に行われた国勢調査ではおよそ13万人、前回の調査よりも約2%、2600人ほど増えたことが分かりました。

バリエーションに富んだ観光スポットがある

灘区にはJR東海道本線をはじめ、阪神電車や阪急電車の3路線が走る交通の利便性が高いエリアです。特に阪急神戸線は神戸の観光スポットとしても有名な六甲山への交通アクセスにとしての役割も大きく、六甲駅からはケーブル駅へのバスが出ています。六甲山展望台へ行くなら六甲ケーブル下へ、六甲山牧場へ行くなら摩耶ケーブルへ向かい、途中ケーブルカーからロープウェーに乗り換えます。
さらに、阪急神戸線の王子公園駅は、パンダのいる王子動物園があります。日本国内でパンダをみれるのは上野動物園、南紀白浜アドベンチャーワールド(和歌山)、王子公園の3カ所だけで、園内にはアムールトラやシベリアオオヤマネコなど珍しい動物だけでなく、ヒツジやウサギと直接触れ合うことができるスポットも。遊園地や、スポーツセンター、文学館、洋館(旧ハンター住宅)もあり、散策がてら一日中遊ぶこともできます。

灘区の子育て事情

灘区は交通の利便性が高く、公園や動物園など子どもに人気のスポットがあることから、ファミリー層から人気のあるエリアです。そのためファミリー層の悩みでもある待機児童問題が深刻かと思いきや、実は神戸市の中でも待機児童の人数が少ないエリアで、2015年に待機児童はわずか1人、という待機児童ゼロまであと一歩、という状況からもうかがい知ることができます。しかし、人口が年々増加していることから、新たな保育施策を行うことが今後必要になるかもしれません。

灘五郷の由来でもある

灘区は日本一の酒どころ「灘五郷」のひとつ「西郷」があります。「西郷」エリアには金盃、沢の鶴、富久娘などの酒蔵があり、今でも酒造りが盛んです。沢の鶴では昔の酒蔵資料館があり入館料は無料。ミュージアムショップでは日本酒の購入、無料試飲ができるそうです。隣の東灘区にも有名な酒造メーカーがあり、最近は灘五郷を巡るツアーも人気で、神戸の新たな観光スポットとなっています。

おしゃれな港町に住む