おしゃれな港町に住む
    
    

横浜の中心、西区

おしゃれな港町に住む
おしゃれな港町に住む
    
            

西区はランドマーク、みなとみらいといった大規模商業施設に多くの人が訪れますが、それらの商業地は中心部から海側に建ち、それ以外の地域は住宅街として整備されています。
都心へのアクセスや周辺に大規模商業施設がある利便性、野毛山公園の自然を感じるスポットがあり、幅広い年齢に住みよい街として注目されています。

ファミリー層におすすめ

西区にはランドマークやみなとみらいといった大規模な商業施設が多くあるため商業地域のイメージが強く一見すると生活しにくいように感じてしまいます。しかし商業地なのは中心部から海側でそれ以外の地域は住宅街となっており、動物園や展望台などがある野毛山公園など自然を感じられる場所もあるため西区全体がにぎやかなわけではありません。そのため、子どものいるファミリー層にも暮らしやすいエリアです。

西区のおすすめスポットは?

自然を感じられる環境があるとはいえ、やはり商業施設に目がいきがちになってしまいますよね。そこで西区のおすすめ商業施設をいくつか紹介します。
みなとみらいの顔でもある「ランドマークタワー」は1993年にオープンした70階建ての複合施設です。70階建てと言われてもピンとこないかもしれませんが、その高さは約296メートルとかなりの高さです。あべのハルカスが2014年にオープンするまでは日本で一番高い高層ビルでした。
ランドマークタワーにはショッピングやグルメを楽しめるランドマークプラザやホテル、展望台などがありますが中でもおすすめなのが69階にある展望台です。スカイガーデンというだけあって展望台から見る景色はまさに絶景で、みなとみらい周辺だけでなく富士山やスカイツリーも見ることができます。また、夜になるとライトアップされたコスモワールドやベイブリッジも見渡すことができ、デートにおすすめの場所です。
比較的新しい施設ながらも観光スポットとして定着しているのが「MARK IS みなとみらい」です。みなとみらい駅と直結しているため雨の日でも大丈夫です。地下4階から地上6階までにはオーガニックコスメや雑貨を扱うお店やレストランなどのショップをはじめ、子ども向けや季節ごとの催しや、体験型のミュージアムなどさまざまな趣向が凝らされているため年齢を問わずに楽しむことができます。また広々としたフロアにはソファが設置してあり気軽に休憩できるようになっていますが、居心地のよさに期せずして長居してしまうこともあります。
文化施設としておすすめなのが「MARK IS みなとみらい」の目の前にある「横浜美術館」です。横浜美術館では主に近代美術をメインに扱っていますが、写真展示にも力を入れています。また、10万冊以上の美術図書がある「美術情報センター」や子ども向けの体験施設「子どものアトリエ」などもあり、敬遠されがちな美術も身近に感じることができるようにさまざまな工夫がされています。美術館にはカフェも完備されており、休憩しながらゆっくりと美術鑑賞することができます。

おしゃれな港町に住む